シーガルフォーの浄水

桑ぱんのこだわり「シーガルフォーの浄水」
— SEAGUL IV —

飲料水のためだけに開発された新技術

人が生きていくために欠かせない水―—。
人の身体にとって、最も適しているミネラルバランスを持つ水は、その人が生まれ育った、もしくは長く暮らしている地域の水だと言われています。

ところが、その水が美味しくないばかりでなく、健康に何らかの害を及ぼす安全でないものだとしたら、私たちは日々の暮らしの中で真の安心、幸福を得ることはできないでしょう。

シーガルフォーは、蛇口より出る水を瞬時に、湧出した瞬間の天然の状態の水に戻すことを開発コンセプトとする全く新しい浄水システムです。水自体を活性化したり、人工的に作り替えたりする水処理機器ではありません。
シーガルフォーが”唯一無二”と称されるには理由があります。

それは、他の一般的な浄水器が活性炭や中空糸膜、セラミックといった、本来浄水とは別の目的で開発された既存の技術を応用、もしくは組み合わせたものであるのに対し、シーガルフォーは飲料水を得る目的だけに開発された、これまでにない発想の浄水システムなのです。

水の中から身体に有害な細菌を”殺菌”するのではなく浄化媒体により物理的な関門で取り除きます。

また一方、水に溶け込んだ分子の単位で存在する化学物質を必要・不要に応じて振り分けることで、旨味のもとである天然のミネラルなどはそのまま通過させます。この結果、水本来の美味しさを取り戻すことを可能にしました。

世界有数の検査機関が実証

浄水能力へのこだわり。それは、シーガルフォーが世界で証明し続けている検査データの数々に表れています。

特に、より正確で信頼性の高いデータが得られる第三者機関による性能評価は、優れた安全性、耐久性の追求に不可欠な基準となります。

シーガルフォーは誕生以来、フランスのパスツール研究所での各種試験や(財)日本食品分析センターでの試験など世界有数の検査機関による厳正な試験を繰り返し、浄水能力を実証。そのデータを公表してきました。
また、シーガルフォーはEPA(アメリカ環境保護局)の「化学物資を使用せず、有害な微生物を除去する装置における基準」にも適合しています。

使用実績は世界63か国

世界有数の検査機関で、浄水能力の高さが証明されているシーガルフォー。
一般のご家庭はもちろん、有名レストランや一流ホテル、さらには厳正な国際基準が要求される航空業界などにおいてもその浄水能力と耐久性が認められ、採用実績は世界63カ国に及んでいます。

◆東京湾クルーズ船
東京湾を巡りながらレストランクルーズを提供する豪華客船、シンフォニー。その2隻の船「クラシカ」と「モデナ」の船内にシーガルフォーの浄水システムが設置されています。

◆国連平和維持軍
過酷な環境下での救援活動を強いられたソマリア。兵士達に安全な飲料水を提供するための浄水システムには、シーガルフォーと同じ浄化媒体を採用した携帯タイプのモデルが使用されました。

◆小田急ロマンスカー
新宿と箱根を結ぶ小田急ロマンスカー。上質な居住性を追求した「小田急ロマンスカーVSE」と新型車両「MSE」のロマンスカーカフェにシーガルフォーの浄水システムが採用されています。

◆航空業界
航空機専用ブランド「ヴァーサピュア」は日本航空など多くの航空会社やボーイング社、エアバスインダストリー社の最新鋭旅客機「A380」にも採用。80%のシェアを獲得しています。

◆テレビメディア
料理の鉄人」のキッチンスタジアムではシーガルフォーの浄水システムが使用されていました。登場するシェフ達の間で瞬く間に話題となり、「アイアンシェフ」他、多くの番組で採用されています。

桑ぱん【白神こだま酵母】全粒粉のパン屋では安心安全でおいしいパン作りのために、シーガルフォーの水を使用しています。

参考文献:グランドデュークス(株)「浄水器/シーガルフォー」